オブラドール大統領、スペインに500年前の征服に対する謝罪を要求

ロペスオブラドール大統領はスペイン国王フェリペ6世に手紙を送り、3世紀に渡った征服中のメキシコ先住民族に対する「人権侵害」を謝罪するよう伝えた。
「長きに渡りスペイン人による大虐殺がありました。征服は剣と十字架により強制的に行われました。 教会は原住民達の寺院の上に建てられ、私たちの祖国の英雄たちの故郷であるイダルゴとモレロスは破壊されました」オブラドール大統領は、テノチティトランの崩壊500周年と1821年に達成されたメキシコの独立200周年を記念する2021年が「和解の年」となることを望んでいる。
一方、スペイン政府はこれらの「不満」に対するメキシコへの謝罪を「非常に遺憾である」とし「完全に拒否」。声明の中では、「500年前にスペイン人が現在のメキシコの土地に到着したことは、現代的な考察に照らし合わせても判断できない」と述べている。
しかしながら、「我々の兄弟関係である(メキシコの)人々は、共通の遺産と並外れた想像力を持つ自由な人々として、怒りもなく、建設的な見地で我々の共有過去を理解する術を知っており、それを実践してきた」とも述べており。スペインに対しても昨今強大化しているメキシコ市場への影響力を配慮したものとなっている。
マドリッドの公式発表としては、「メキシコ政府と協力し、両国間の友情と協力関係を強化するための適切な枠組みを構築していきたい。また、両国間の将来の課題に対しては共通のビジョンで立ち向かう意思がある」と述べるに留まっている。
オブラドール大統領は、“歴史的記憶を失わないため”に、あらゆる思想を表現するグループの結成を示唆するとともに、これらの団体と共にメキシコ国民が取るべき行動を 同国のカトリック教会の協力のもと準備すると述べている。