コラム「500ペソ紙幣デザイン、一新」

メキシコ銀行は8月27日(月)に500ペソ紙幣の新デザインを発表し、流通が開始した。


新デザインには、メキシコ初の先住民族出身の大統領Benito Juárezの肖像画が描かれている。

2013年から新デザインを計画していたが、今回、製造・発行の流れとなった。500ペソ紙幣はメキシコで最も流通している紙幣で、その他の紙幣と比較して47%高い割合で偽札が発行されている紙幣でもある。

プラスチック製である500ペソ紙幣を製造するためのコストは、1枚につき1ペソ(前の500ペソ紙幣は1枚につき65センターボだった)であり、Diego RiveraとFrida Kahloの肖像画が描かれている旧500ペソ紙幣より10%丈夫だという。

旧500ペソ紙幣は6年ほどで市場から消滅する予定。

また、その他の紙幣も次の通り変更される。

●200ペソ紙幣:2019年にメキシコ独立で活躍したMiguel HidalgoとJosé María Morelos y Pavónの肖像の紙幣となる。裏面はエル・ピナカテ・イ・グラン・デシエルト・デ・アルタル生物圏保護区のデザイン。

●千ペソ紙幣:2020年にメキシコ革命で活躍したFrancisco I. Madero、 Carmen SerdánならびにHermila Galindoの肖像画が描かれる紙幣となる。裏面はカラクム遺跡のデザイン。

●100ペソ紙幣:2021年にはメキシコ植民地時代に活躍した修道女であり、詩人であったSor Juana Inés de la Cruzが描かれる紙幣となる。

●50ペソ紙幣:2022年にメキシコシティとテノチティトランデザインのデザインとなる。

2千ペソ紙幣:流通日は未定。必要があれば流通する予定。作家のOctavio PazとRosario Castellanosの肖像画デザイン。

なお、20ペソ紙幣は、紙幣の損傷とともに徐々に市場から回収する予定。新しい20ペソ紙幣を発行する予定はなく、硬貨で対応するという。

 

コラム「UNAM大学、初の飛び級で12歳の入学を受入れ」

先日、UNAMは入学試験を合格した物理学的生物医学(Física Biomédica)を勉強する12歳の男の子の入学を受け入れた。

この男の子の名前はCarlos Antonio Santamaría Díaz君。すでに化学部、ゲノム科学センター(Centro de Ciencias Genómicas)及び物質調査機関 (Instituto de Investigaciones en Materiales)で勉強をしており、いくつかの教科および実習も終了している。

「ただただ、勉強したい。もし(勉強をするための)ドアが締められたら、窓から入ってやるんだ」と言っているCarlos君。

この科学部に入るための最大の難関は、「まやかしだ」と言う人々を両親が説得し、中学および高校の試験をする機会を与えてもらうことだった。

どうやってここまで来たのか、と聞かれると彼は「絶対に『できない』と言わないことが重要だと答えている。入学試験は非常に難しく、特に積分方程式には手こずったようだ。

「『できない』と言ってしまうと、小学校に戻らなくちゃいけない。常にチャンスをものにする方法はあるはずだ。もちろんインターネットでも勉強した。インターネットでは生物、数学を勉強したけど、やっぱり一番大事なのは家族のサポートで、これがないとダメ。僕の両親は僕より努力してくれているし、準備もしてくれる。僕は勉強して、試験に合格して、次に進むために最後の一歩を進むだけでいいんだ。」

そんな彼の次の目標は、細胞の一部をミトコンドリアで構築することだ。いつの日か、現在不可能と言われている「病気を治療するための細胞を完全に構築する」ことを目指している。

「ゼロからミトコンドリアを構築し、全てのプロセスを特定。それらのプロレスを関連付け、少しずつ現実生活内でそれらを再構築させ、ミトコンドリアの集合体を作り、成長することができる媒体を発生させる。完全な細胞になるまでその他の有機体と共存可能にして、ほとんどすべての病気を治療できるようにするんだ」と説明する。

ニュースでも見たが、見た目は普通の男の子だが、自分の意見をはっきり言う、目標にブレがないしっかりした男の子だと感じた。夢と希望が溢れた子供に、門戸を開けてチャンスを与える機会が増えれば、この国の未来は明るいのではないかと思う。