メキシコで初、「マリファナ製品」販売許可が6社に

先日11/21(水)からメキシコでマリファナを含む製品の販売が解禁になり、連邦政府は要件を満たした6社に許可を与えた。COFEPRIS(連邦衛生リスク対策委員会)によると、数週間のうちに、消費者は少なくとも30種類のマリファナを含む製品(サプリ、化粧品、食品、飲料)を自由に市場で手に取ることができるようになる。

メキシコのマリファナ市場を最初に解禁するのは、米国企業2社、スペイン企業1社、メキシコ企業3社である。メキシコ国内企業のうちの1社は自社製品を製造するため原料を輸入する許可を取得したドラッグストアのFarmacias Magistrales。

飲料にマリファナを使用するのは、コロナビールのオーナーでもあるコンステレーション・ブランズ(Constellation Brands)社。カナダ企業として市場に参入すると発表した。

今年10月30日に、マリファナならびにその関連製品の衛生管理に関する規則が官報で公布され、企業が遵守しなければならない要件が規定された。要件の一つとして、多幸感を覚えるなどの作用がある向精神薬である、テトラヒドロカンナビノール (THC)を含有する製品のTHC濃度が1%未満であることを証明する分析証明書の提出がある。

COFEPRIS長官であるJulio Sánchez氏は、今年の初めから当該規則がすでに閲覧可能であったため、最初に許可された6社は、申請時に既に全ての要件が準備しており、許可はすぐに出たという。メキシコ当局は、現在別の15社の申請も受けており、近日中に結果が出る予定だ。

これらの製品の値段は、輸入経費の削減により現在の価格の5分の1ほどになる。コントロールが難しいてんかんの治療に使用されるカンナビジオールを含有するサプリ(例えばエピディオレックスの製品名で販売されている医療大麻製品)を必要とする家族にとっては朗報となる。

「マヤ鉄道」が12月23日にチアパス州パレンケから建設開始

メキシコの新大統領である、AMLO(アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールAndrés Manuel Lopez Obrador)は、ユカタン、タバスコ、チアパス、キンタナローの各州知事との会合にて、ユカタン半島で計画されている「マヤ鉄道」の正式な建設スタートはチアパス州のパレンケ(Palenque)から12月23日に行われると発表した。
同時期には地域の先住民との儀式が執り行わるということだが、これは“最初の石を置くようなもの”であり象徴的なものに過ぎず、12月23日には建設が予定されているすべての州で同時に建設作業が始まると述べた。
気になる資金面だが、観光振興基金FONATUR(Fondo Nacional de Fomento al Turismo)【参考URL】https://www.gob.mx/fonatur の次期代表は、議会に対して60億ペソの資金要請を既に行っているということだ。

トヨタ、グアナファトの工場準備中断

グアナファト州アパセオ・エル・グランデでトヨタ自動車の組立工場建設に従事している労働者達が、賃金滞納の問題による建設作業停止を求めた。同州政府と日本企業がトヨタの工場建設が70%に達したとの報告直後での労働紛争の発生となる。
作業停止を求めているのは、フジタ・コーポレーション社が契約を結んでいるメキシコ下請け建設会社の従業員であり、今回の従業員の給与支払いの問題は、2019年末に操業開始を予定しているタコマ・トラック組立てプロジェクトを遅らせる可能性がある。
フジタ・コーポレーションが監修しているグアナファト州の建設工事に従事する従業員は3万7000人に上るが、今回のような大規模(およそ3,000人余りの直接・間接雇用者)な抗議活動は初めてとなる。
日本進出企業は、グアナフアト州、ケレタロ州、アグアスカリエンテス州、さらにはハリスコ州とサンルイス・ポトシ州間の自動車廊下の開発を約10億ドルを投じて計画中である。