オブラドール大統領、スペインに500年前の征服に対する謝罪を要求

ロペスオブラドール大統領はスペイン国王フェリペ6世に手紙を送り、3世紀に渡った征服中のメキシコ先住民族に対する「人権侵害」を謝罪するよう伝えた。
「長きに渡りスペイン人による大虐殺がありました。征服は剣と十字架により強制的に行われました。 教会は原住民達の寺院の上に建てられ、私たちの祖国の英雄たちの故郷であるイダルゴとモレロスは破壊されました」オブラドール大統領は、テノチティトランの崩壊500周年と1821年に達成されたメキシコの独立200周年を記念する2021年が「和解の年」となることを望んでいる。
一方、スペイン政府はこれらの「不満」に対するメキシコへの謝罪を「非常に遺憾である」とし「完全に拒否」。声明の中では、「500年前にスペイン人が現在のメキシコの土地に到着したことは、現代的な考察に照らし合わせても判断できない」と述べている。
しかしながら、「我々の兄弟関係である(メキシコの)人々は、共通の遺産と並外れた想像力を持つ自由な人々として、怒りもなく、建設的な見地で我々の共有過去を理解する術を知っており、それを実践してきた」とも述べており。スペインに対しても昨今強大化しているメキシコ市場への影響力を配慮したものとなっている。
マドリッドの公式発表としては、「メキシコ政府と協力し、両国間の友情と協力関係を強化するための適切な枠組みを構築していきたい。また、両国間の将来の課題に対しては共通のビジョンで立ち向かう意思がある」と述べるに留まっている。
オブラドール大統領は、“歴史的記憶を失わないため”に、あらゆる思想を表現するグループの結成を示唆するとともに、これらの団体と共にメキシコ国民が取るべき行動を 同国のカトリック教会の協力のもと準備すると述べている。

 

メキシコとブラジルが自動車の自由貿易を再開

 

ブラジル政府は「ブラジルとメキシコの間の自動車の関税や輸入割当なしの自由貿易を規定する二国間協定が3月19日(火)に発効した。」と声明で述べました。

関税と輸入割当を撤廃することに加えて、火曜日の合意では、自動車部品の特定の原産地規則を制定した例外リストの確定も終了しています。

これまで実施されていた輸入割当量は、各国で17億ドルでした。 その割当量を超えると、自動車の輸入は関税の対象となっていました。

経済省の統計によると、ブラジルは昨年自動車に5億9500万ドルをメキシコに輸出し、同国から10億7000万ドルを輸入しました。

今年の最初の2ヶ月間に7,754台のメキシコの自動車を輸入したブラジルは、メキシコにとって4番目の自動車輸出国です。

「ブラジルとメキシコの間の自動車の自由貿易の返還は、ラテンアメリカの2大経済間の商業的関係を深めるための重要なステップである。」とブラジル政府の声明は述べています。

メキシコの勧誘電話シャットアウト・システム

どこの国に居ても迷惑な勧誘電話ですが、メキシコにもDo-Not-Call制度があります。次のメキシコ連邦消費者検察庁(PROFECO)専用ウェブサイトhttps://repep.profeco.gob.mx/index.jspに自分の固定または携帯電話番号を登録するだけで、煩わしい電話がかかって来なくなるシステムです。

本サービスは2013年頃からあるようですが、私も偶然知り、先ほど登録してみました。自宅だけではなく、勤務先の固定電話も登録でき、さらに広告を受信したくないセクター(商業、通信、旅行、全て)を選択できます。政治関係、電話調査、支払い催促などは適用除外とされ、アンケート等で同意を与えて許可した場合も同様です。登録後、同ウェブサイトで登録した番号を入力することで、電話番号登録の有無を確認することができます。登録の30日後から広告回避の効力が生じ、違反があれば、PROFECOの電話サービス(CAT)に電話をかけPROFECOに対して苦情申立てを行い、PROFECOから罰金が科されるようになります。

簡単な登録だけで昼夜問わず土日もかかってくる勧誘電話をシャットアウトできるシステム。皆様も活用してみてはいかがでしょうか?

カンクンへの直行便、新たに12路線が開通!

  

メキシコ・カリブ海の世界的リゾート、カンクンへの欧米各国からの投資が目立ってきている。今年6月までにアメリカ合衆国、カナダ、ブラジル、トルコ、メキシコ各国から直行便12路線を運航を開始する。

【新規運航リスト】

1月14日カンクン – ハミルトン便、(カナダ)
2月16日カンクン – ノースカロライナ州シャーロット便(米国) ビバエアロバス
2月16日カンクン – ナッシュビル便、(米国)Viva Aerobus
2月18日チェツマル – グアダラハラ便 (国内便)ヴォラリス
3月カンクン – ミルウォーキー便、(米国)サウスウェスト航空
3月2日 – 4月22日カンクン – サスカトゥーン便、(カナダ)Westjet
3月2日 – 4月27日カンクン – バンクーバー便(カナダ)Westjet
3月9日カンクン – ピッツバーグ便、(米国)サウスウェスト航空
3月9日カンクン – ローリー便、(米国)サウスウェスト航空
3月9日カンクン – サンアントニオ便、(米国)サウスウェスト航空
6月カンクン – ブラジリア(ブラジル)GOL TransportesAéreos
6月カンクン – イスタンブール便、(トルコ)トルコ航空

カンクンへは、2018年にも、アメリカ合衆国、ドイツ、ロシア、カナダ、プエルトリコ、コロンビアおよびベルギー各国から30以上の新規路線を運航している。

カンクンを有するキンタナロー州他ユカタン半島では、「マヤ鉄道」計画なども進んでおり、メリダやチェチェンイッツア他メキシコ有数の観光資源が世界的にも脚光を浴びそうだ。

メキシコの未来のエネルギーは石油ではなく太陽エネルギーだ。

写真:オランダ企業が海上フロートソーラーパネルを世界に先駆け発表。メキシコ政府や企業も開発に注力すべきなのだが。。

米コロンビア大学の経済学教授、ジェフリー・サックス(元国連事務総長3人の書記官の特別顧問)氏は、メキシコは借金体質の石油大手ぺメックス社に頼るのをやめ、将来を見越した再生可能エネルギーのSOLARMEXに投資すべきとロペスオブラドール大統領に提言している。

「メキシコは再生可能エネルギー(クリーンエネルギー)の超大国になれる。」

オブラドール大統領は12月の就任以来、彼の故郷である南部タバスコ州に80億ドルの製油所建設計画を発表し、ペメックスに数十億ドルの税還付を認めている。ぺメックス社は10間もの間生産量の減少で負債は1,080億ドルにのぼるが、それでも税収の約5分の1を占めている。方や再生可能エネルギーは昨年上半期の総発電量では全体の約17%に相当するのみで、 そのほとんどは水力発電によるものとなっている。

ジェフリー・サックスは訴える「メキシコは環境的にも経済的にも優れている21世紀の産業をリードできるというのに、なぜ20世紀の産業に投資するのか。」 「なぜ近い将来“博物館”になる製油所を今更建設するのか? メキシコが本当に必要としているのソーラーメックス(太陽光発電システムのリーディングカンパニー)なのに、なぜ今更ペメックスに投資するのか?」

新国際空港問題もそうだが、オブラドール大統領はもう少し、経済界に耳を傾けるべきなのではないか。国の発展が延いては彼が進めようとする国民生活の質向上や貧困層の撲滅にもつながるものだ。

アエロメヒコ全便で、無料メッセージの送受信が可能となりました!

日本―メキシコ間の直行便を毎日運航しているメキシコ最大の航空会社であるアエロメヒコ社は、WhatsApp、Facebook Messenger、iMessageを介してテキストメッセージを送受信することができる無料メッセージングサービスを開始した。
また、次はこのツールを使用して、ボーイング737-800 29機とボーイング737 MAX全機を対象に機内で無料で利用できるボード上のWIFI接続の利用も可能にする予定だ。
なお、旅行客は、機内のインターネット・ネットワークに接続して無料のメッセージングパッケージを選択するだけで本サービスが可能となる。

グアダラハラ市への米テック企業による投資が継続中!

ハリスコ州グアダラハラ市のビジネス地区。オラクル、HP,IBM,インテル、CISCO他テック系企業が180社以上進出しており”メキシコのシリコンバレー”とも呼ばれている。

Sanmina 社、Jabil社の1億ドル、Flex社の1.5億ドルの投資により、ハリスコ州では近く4千人以上の新規雇用が生まれる見込みだ。

ハリスコ州知事のエンリケ・アルファロ氏は、カリフォルニア州にあるテック系会社のヤビル・ブルー、スカイ、フレックス、サンミナ、そしてHPなどを次々に訪問しハリスコ州への投資プロジェクトを呼び込むため米の有力企業とのさらなる関係強化を図っている。

Jabil社の場合、本年度にもグアダラハラ市に2千700人の新規雇用と1億ドルを超える投資を行う予定だ。 また、メキシコ側としては国内のテクノロジーとイノベーションのエコシステムを強化するという同社の取り組みを期待するとともに、同社からの投資に対しては法的なサポートを行う予定。

Flex社の場合は2019年中に5000万ドルの投資と1000人の新規雇用の創出を計画していると発表している。州知事はまた、Sanmina社がJaliscoに「デジタルイノベーション研究所」を設置することを明らかにしている。

 

カンクン市内鉄道プロジェクト、マヤ鉄道への連結を計画

キンタナロー州、カンクン戦略計画局は、カンクン市街地に計画している「ライトレール・プロジェクト」を、連邦政府のプロジェクトである「マヤ鉄道」に連結することを計画している。カンクンライトレールは、カンクン国際空港に建設する駅からマヤ列車を走らせることで、カンクン市内からリビエラマヤーバカラルまで行けるようになります。
カンクン市内を横断するライトレールの投資額は約9億ペソになる見込みだが、 プロジェクトがマヤ鉄道と統合される場合は連邦政府および民間企業の資金調達となる。
いずれにしても、カルロス・ホアキン・ゴンザレス知事は市内30㎞のライトレール用の線形公園の建設にゴーサインを出している。

マヤ鉄道入札状況
観光振興国家基金は、計画路線内でも既に鉄道レールが存在する4区域の入札を2018年度中に報告している。これらはチアパス州パレンケとユカタン州メリダ間の約700キロメートルに及ぶ区間だが、既に線路が敷かれているため基礎工事のみを対象としている。また、これらの路線は運行実績があるため環境影響については問題ないとしている。
キンタナロー州カンペチェ、パレンケからエスカルセガ、カンクンまで続く路線ルートは現在レールがなく、2019年末までに実施される行政環境影響評価プロジェクトの対象となる見込みだ。